高コレステロール血症の予防・血管を拡張させる食品と運動

コレステロールが増えすぎると、血液がドロドロになり、詰まりやすくなります。コレステロールが血管壁に蓄積すると、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こします。イカ、タコ、牡蠣などにコレステロールを下げるタウリンが多く含まれています。

コレステロールとは
コレステロールは脂質の一種で、卵や肉などに多く含まれています。
人間の体内にもコレステロールはあり、ホルモンや細胞膜の材料となる重要な物質でもあります。
貝類に含まれるタウリンや水溶性食物繊維には、余分なコレステロールを排泄する働きがあります。

高コレステロール血症とは
血液中のコレステロールが増えすぎると、血液がドロドロになります。
すると細い血管を流れにくくなったり、詰まりやすくなります。
これが高コレステロール血症で、心筋梗塞や脳梗塞、動脈硬化などを引き起こします。

善玉と悪玉
コレステロールには、悪玉と呼ばれるLDLコレステロールと善玉と呼ばれるHDLコレステロールがあります。
LDLコレステロールは細胞にコレステロールを運び、HDLコレステロールは余分なコレステロールを回収します。
総コレステロールが増えすぎたり、HDLコレステロールが少なすぎるのが、高コレステロール血症です。

高コレステロール血症になると
血液中のLDLコレステロールが増えすぎると、血管壁に蓄積します。
血管壁が厚くなると詰まりやすくなったり、血圧が高くなっていきます。
血管壁に蓄積したLDLコレステロールが活性酸素により酸化することで動脈硬化が引き起こされます。

高コレステロール血症を予防するには
有酸素運動して血管が拡張すると、コレステロールなどの沈着を防止して弾力性を維持できます。
運動を継続することで血液中のコレステロールが減少し、余分なコレステロールを除去してくれる善玉コレステロールが増加します。
また、食物繊維や大豆、オリーブ油などにコレステロールを下げる効果があります。




高コレステロール血症を予防する食品

イカ・タコ
イカ・タコにはコレステロールを下げて動脈硬化を予防するタウリンが多く含まれています。
アミノ酸であるタウリンには、心臓や肝臓の機能を高める働きもあります。

牡蠣
牡蠣にもコレステロールを排泄する働きがあるタウリンが多く含まれています。
また、亜鉛やカリウムなどのミネラルが豊富に含まれています。

アボカド
オリーブ油と同様に、成分の不飽和脂肪酸が善玉コレステロールを増やして血液をサラサラにします。
血圧を安定させるカリウムも豊富に含まれています。

リンゴ
リンゴに含まれる水溶性食物繊維のペクチンには、コレステロールを体外へ排泄する働きがあります。
また、高血圧を予防するカリウムも多く含まれています。

ニンニク
ニンニクやネギなどの成分であるアリシンには、血栓を溶かしたり、コレステロールを低下させる効果があります。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です