動脈硬化が老化を促進させる・血管を若く保つ食品

動脈硬化が起きると、血管が老化して弾力がなくなり、シワやタルミの原因になるだけでなく、血管壁が傷ついたり、詰まりやすくなり、血圧も高くなります。トマト、ブロッコリー、タマネギ、納豆などに動脈硬化を予防する効果があります。

見た目が老けている人
老化物質であるAGEが溜まったり血管が老化すると、血管壁が厚くなり動脈硬化になります。
また、食べ過ぎなどで増えたLDLコレステロールが活性酸素と結びつくことで動脈硬化を起こします。
見た目が老けている人は、血管も老化している傾向にあるそうです。

血液がドロドロになると
血液は全身の細胞に酸素や栄養分を運んでいて、健康な人の血液はサラサラでなので全身の隅々まで流れていきます。
しかし、血液がドロドロになると流れが悪くなり、全身に行き届かなくなります。
この状態が続くと、高血圧や動脈硬化の原因になります。

動脈硬化の要因
動脈硬化を引き起こす血液がドロドロになる要因には、血液中の脂肪やコレステロール、糖が増える、血液中の水分不足などがあります。
血液中の脂肪やコレステロールが増えすぎると高脂血症、血液中の糖が増えすぎると糖尿病を引き起こします。

LDLコレステロール
血液中には細菌や不要物を食べてくれるマクロファージという細胞があり、血液中の悪玉と呼ばれるLDLコレステロールも食べてくれます。
しかし、LDLコレステロールが多すぎると、マクロファージは消化しきれずに死んでしまい、その残骸が血管壁に溜まって動脈硬化になります。

動脈硬化の影響
動脈硬化が起きると血管が老化して弾力がなくなり、血管壁が傷ついたり、詰まりやすくなります。
動脈硬化が進行すると、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす原因になります。




動脈硬化を予防する食品

トマト
トマトの成分であるリコピンは、LDLコレステロールを酸化させる活性酸素を除去します。
また、抗酸化作用のあるビタミンCも多く含まれ、動脈硬化を予防します。

ニンジン
ニンジンにはLDLコレステロールを酸化を抑えるカロテンが豊富に含まれています。
また、水溶性食物繊維のペクチンも多く含み、動脈硬化を予防します。

ブロッコリー
ブロッコリーやホウレン草に含まれるルテインがLDLコレステロールの酸化を抑制します。
カリウムなどのミネラルも多く、高血圧の予防にも効果的です。

タマネギ
タマネギを切ったときに、涙を出させる成分である硫化アリルに血栓を溶かす作用があり、動脈硬化の予防に効果的です。

納豆
納豆の成分であるナットウキナーゼには血栓を溶かす作用があり、動脈硬化の予防に効果的です。
大豆の成分であるレシチンにはコレステロールを減らす働きがあります。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です