高尿酸血症(痛風)の予防・高カロリー食品やプリン体を控える

血液中の尿酸が増えすぎると、尿酸の結晶が現れ、手足の関節などに沈着すると痛みを伴ないます。これが痛風と呼ばれ、高カロリーやプリン体の多い食生活を続けていると、尿酸が多く産生されてしまいます。

高尿酸血症(痛風)とは
高カロリーやプリン体の多い食生活を続けていると、尿酸がより多く産生されます。
血液中の尿酸の濃度が高くなると、溶けにくくなった尿酸の結晶が現れます。
これが高尿酸血症で、針状の結晶が手足の関節などに沈着すると痛みを伴ないます。

高尿酸血症になると
血液中の尿酸が増えすぎると、血液がドロドロになり、動脈硬化を引き起こします。
高尿酸血症になると、尿酸の結晶にカルシウムなどが付着して結石を生じる確立が高くなります。
これにより、尿路結石や腎臓障害を引き起こすことが可能性が高くなります。

プリン体
プリン体が多く含まれる肉や魚のタンパク質やビールなどを摂りすぎると、尿酸が蓄積します。
尿酸を除去するには、水分を多く摂って尿中に排泄させる必要があります。
プリン体を摂らなくても、食べすぎれば作られます。

高尿酸血症を予防するには
高尿酸血症を予防するには、バランスのよい食生活に改善したり、軽い有酸素運動が効果的です。
歩行、ジョギング、サイクリング、水泳などが有効で、高負荷の筋トレなどの無酸素運動は尿酸の生成が増えてしまいます。
また水分不足も血液中の尿酸の濃度が高くなるので、こまめな水分補給が必要です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です