過酸化脂質・活性酸素が脂肪を酸化して血管を老化させる

過酸化脂質とは、コレステロールや中性脂肪が、活性酸素によって酸化されたもので、動脈硬化などを引き起こします。植物性脂肪は、酸化されやすい性質があり、動物性脂肪は、体内のコレステロールを増やします。

過酸化脂質
過酸化脂質とは、コレステロールや中性脂肪が、活性酸素によって酸化されたもので、動脈硬化などを引き起こします。

植物性脂肪と動物性脂肪
脂肪には、植物性と動物性があり、不飽和脂肪酸である植物性脂肪は、室温で液体、飽和脂肪酸である動物性脂肪は、室温で個体です。
植物性脂肪は、動物性脂肪に比べて酸化されやすい性質があり、動物性脂肪は酸化されにくいが体内のコレステロールを増やします。

不飽和脂肪
植物性脂肪のリノール酸や青魚に含まれるDHA・EPAは、血中コレステロールを下げて血液をサラサラにしてくれますが、摂り過ぎると善玉のコレステロールまで減らしてしまいます。
また、酸化されやすいので、抗酸化物質のβカロテンやビタミンC・Eなどを同時に摂ると効果的です。
不飽和脂肪の中ではオレイン酸が酸化されにくく、オレイン酸を含むのがオリーブ油、ごま油、ひまわり油、コーン油などです。

活性酸素が発生
インスタントラーメンやポテトチップスなどのスナック菓子など、油で揚げた食品には、不飽和脂肪酸が多く含まれます。
これらは酸化されりやすく、過酸化脂質になりやすいです。