運動でコレステロール対策・脂肪燃焼で善玉コレステロールが増える

運動により中性脂肪が減ると、善玉コレステロールが増え、動脈硬化を促進させる超悪玉コレステロールが減ります。生活習慣病の予防・改善には、少ない時間でも毎日続けることが大切です。

有酸素運動
ウォーキングなどの有酸素運動をすると中性脂肪の分解が促進して、中性脂肪値が下がります。
中性脂肪が減ると善玉コレステロールが増え、動脈硬化を促進させてしまう超悪玉コレステロールが減ります。
また、血液中のブドウ糖が消費して血糖値を下げたり、血圧を下げる効果もあります。

運動の強度と時間
強度は、ウォーキングやステップ運動など、息が上がらないくらいの運動が最適です。
きつい運動はストレスをためて逆効果になることもあります。
長時間行うほど体脂肪が燃焼しますが、簡単に続けられるものではありません。
生活習慣病の予防・改善には、少ない時間でも毎日続けることが大切です。




運動をしている人
普段から運動をしている人は、運動によってコレステロールを下げることは難しく、運動時間を増やしてもそれほど効果は変わりません。
強度を上げると、逆にストレスをためてしまうこともあります。
コレステロールを下げるには、食事を改善することが必要です。

ストレス解消
ストレスを受けると体内の活性酸素が増えたり、中性脂肪の合成を促進させたりします。
また、暴飲暴食で中性脂肪やLDLコレステロールを上昇させてしまいます。
気分転換できるくらいの運動は、ストレスを解消する効果があります。
ただし、無理な運動は逆にストレスをためてしまうこともあります。

禁煙する
喫煙すると血管を収縮させて血圧が高くなります。中性脂肪の合成を促進させたり、LDLを増加、HDLを減少、活性酸素を増やす作用もあります。
また、他人の煙での受動喫煙でも同じような影響があります。
たいへんですが禁煙することは重要で、禁煙を補助してくれるニコチンパッチやニコチンガムがあります。