コレステロールは体に必要・増えすぎると生活習慣病の原因に

血液中のコレステロールが増えすぎると、血液がドロドロになり、血管を流れにくくなったり、詰まりやすくなり、動脈硬化を起こします。動脈硬化は、老化を促進させるだけでなく、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす原因になります。

コレステロールは必要なもの
コレステロールは脂質の一種で、人間の体内には100~150g存在しています。
人体は約60兆個という細胞から成り立っていて、その細胞膜をつくっているのがコレステロールです。
コレステロールは増えすぎると良くないですが、少なすぎても良くありません。
コレステロールが足りなくなると細胞膜が弱くなってウイルスなどへの抵抗力が低下します。
また、いろいろなホルモンや消化液などもコレステロールからつくられています。

コレステロールの合成
人間が1日に必要なコレステロールの量は1~2gで、そのうち30%は食べ物から、70%は肝臓で合成されています。
肝臓でつくられるコレステロールの材料は、糖質、たんぱく質、脂質です。
よって、コレステロール含有量の多いものを食べなくても、過食をすればコレステロールは増えてしまいます。




悪玉と善玉
コレステロールには、悪玉と呼ばれるLDLコレステロールと善玉と呼ばれるHDLコレステロールがあります。
LDLコレステロールは細胞にコレステロールを運び、HDLコレステロールは余分なコレステロールを回収します。
LDLコレステロールが増えすぎたり、HDLコレステロールが少なくなると、体内のコレステロールが増えてしまいます。

コレステロールが増えすぎると
血液中のコレステロールが増えすぎると血液がドロドロになります。
すると細い血管を流れにくくなったり詰まりやすくなり、心筋梗塞や脳梗塞、動脈硬化などを引き起こす原因となります。

コレステロールを減らすには
有酸素運動をすると血管が拡張し、コレステロールなどの沈着を防止して弾力性を維持できます。
運動を継続することで血液中のコレステロールが減少し、余分なコレステロールを除去してくれる善玉コレステロールが増加します。
また、食物繊維や大豆、オリーブ油などにコレステロールを下げる効果があります。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です