悪玉コレステロールが老化を促進・動脈硬化を引き起こす

LDLは必要とされる細胞にコレステロールを運び、HDLは余分なコレステロールを回収して肝臓に戻します。LDLが増えすぎると、コレステロールが使われずに余ってしまい、血管内に溜まってしまうので、悪玉と呼ばれます。

LDLとHDL
脂質の一種であるコレステロールは血液に溶け込めないので、LDL、HDLという特殊なたんぱく質に包まれて血液中を流れていきます。
LDLは必要とされる細胞にコレステロールを運び、HDLは余分なコレステロールを回収して肝臓に戻します。
LDLとHDLのバランスが崩れると、血液中のコレステロールが増えてしまいます。

悪玉と善玉
LDLコレステロールは悪玉、HDLコレステロールは善玉と呼ばれています。
LDLが増えすぎると、使われずにコレステロールが余ってしまい、血管内に溜まってしまいます。
これが悪玉と呼ばれる理由で、HDLは余分なコレステロールを回収するので善玉と呼ばれています。
よって、HDLが少なくなっても血管内にコレステロールが溜まってしまいます。

動脈硬化の原因
LDLコレステロールはそれほど悪いものではありませんが、体内な環境によってより悪質なLDLに変化します。
一つ目は活性酸素です。喫煙やストレスなどで体内に活性酸素が増えると、酸化LDLに変化して動脈硬化を起こしやすくなります。
二つ目はLDLの小型化です。高血糖や中性脂肪の多い状態が続くとLDLは小さくなり、血管壁に入って動脈硬化を促進してしまいます。




運動で善玉コレステロールがUP
有酸素運動をすると中性脂肪が分解され、エネルギーとして消費されます。
中性脂肪が減ると、善玉であるHDLコレステロールが増え、コレステロールの回収を促進します。
これにより動脈硬化の予防に効果があります。

酸化LDLコレステロール
血液中のコレステロールが増えすぎると、回収されずに血液中に長く留まり、活性酸素を影響でLDLは酸化LDLに変化します。
酸化LDLは血管の内皮細胞を傷つける性質があり、傷ついたすき間に溜まっていきます。
すると血液中の細菌や不要物を食べるマクロファージという細胞が溜まった酸化LDLも食べてくれます。
しかし、コレステロールが多すぎると、マクロファージは消化しきれずに死に、その残骸などが血管壁に厚く積もって動脈の弾力性を奪い、動脈硬化を起こします。

超悪玉コレステロール
高血糖や中性脂肪の多い状態が続くと、LDLは小型化した超悪玉コレステロールになります。
超悪玉コレステロールは粒子が小さいので、血管壁に入り込んで長く留まり、活性酸素の影響を受けやすくなります。
結果、通常のLDLよりも動脈硬化を促進することになります。

動脈硬化が進行すると
動脈硬化になると血管の弾力がなくなり、血圧が高くなったり、詰まりやすくなります。
動脈硬化が進行すると心筋梗塞や脳梗塞、動脈硬化などを引き起こす原因となります。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です