食事でコレステロール対策・不飽和脂肪酸が効果的

コレステロールの材料は、糖質、たんぱく質、脂質で、含有量が多いものを食べなくても、食べすぎればは増えてしまいます。コレステロールを減らすには、植物油や青魚の脂肪に含まれる不飽和脂肪酸が効果的です。

コレステロールを多く含む食品
人間が必要なコレステロールは、30%が食べ物から、70%は肝臓で合成されています。
コレステロールを多く含む食品を食べると、肝臓は合成する量を調整してくれます。
しかし、コレステロールが多い食事を続けていると、調整できなくなり、コレステロール値が高い状態になってしまいます。

食べすぎ
肝臓でつくられるコレステロールの材料は、糖質、たんぱく質、脂質です。
食べすぎると、余ったエネルギーは中性脂肪として蓄えられます。
中性脂肪を増えるとHDLが減り、LDLが増える原因となります。
コレステロール含有量が多いものを食べなくても、食べすぎればコレステロールは増えてしまいます。

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸
食品の油脂には、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸があります。
動物性脂肪やバターなどに含まれる飽和脂肪酸はコレステロールを上げる働きがあり、
植物油や青魚の脂肪に含まれる不飽和脂肪酸は、コレステロールを下げる働きがあります。




食物繊維
食物繊維には、コレステロールを下げる働きがあります。
食物繊維は野菜や海藻類に多く含まれ、小腸での吸収を抑えて、体外への排出を促す働きがあります。
また、消化吸収が緩やかになるので血糖値が上がりにくくなります。

飲酒
適量の飲酒は、善玉コレステロールを増やしますが、酒はエネルギーが高いので、飲みすぎると中性脂肪が蓄積されます。
1日あたりの適量は、日本酒なら1合(180ml)、ビールなら500ml、ワインならグラス1杯くらいです。
また、つまみもエネルギーが高いものが多いので、注意が必要です。

コレステロールを多く含む食品
タコやイカはコレステロールを多く含みますが、コレステロールを増やす飽和脂肪酸がほとんど含まれないので、食べ過ぎなければあまり問題ありません。
バター焼きにすると、コレステロールと飽和脂肪酸をたっぷりとることになってしまうので注意が必要です。

食品 コレステロール
鶏卵 1個 210mg
鶏レバー 100g 370mg
うなぎ蒲焼 100g 230mg
たらこ 100g 350mg
明太子 100g 280mg
ししゃも 100g 290mg
えび 100g 170mg
いか 100g 270mg
たこ 100g 150mg




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です