活性酸素が細胞を酸化・老化や病気を進行させる

人間が生きていく上で、活性酸素は必ず発生し、老化や病気を引き起こします。老化や病気を予防するには、活性酸素を抗酸化物質で除去したり、できるだけ発生させないことが重要です。

活性酸素とは
人間が生きていくには酸素が必要で、体内で酸素が使われた際に変化するのが活性酸素です。
呼吸で取り入れた酸素の約2%が活性酸素に変化すると言われています。
単位体重当たりの酸素消費量が少ない動物ほど長生きの傾向にあるそうです。

活性酸素の性質
活性酸素は物質を酸化させる(サビさせる)性質があり、体内に入ってきた細菌やウイルスを撃退してくれますが、細胞や遺伝子も傷つけることもあります。
活性酸素が増えすぎると、病気になったり老化が進行することになります。




活性酸素ができる要因
活性酸素が発生する要因には、食事や飲酒・喫煙、排気ガス、紫外線などいろいろあります。
活性酸素は生きているかぎり発生し、細胞などを変化させ、老化や病気の原因にもなります。

活性酸素を減らす
酸素は食物を腐らせたり、金属をサビさせたりしますが、同様に活性酸素も体を酸化させて、老化や病気を引き起こします。
人体には、活性酸素を減らす仕組みがありますが、それには限度があります。
老化や病気を予防するには、活性酸素を抗酸化物質で除去したり、できるだけ発生させないことが重要となります。

抗酸化物質
人体には活性酸素を減らす仕組みがありますが限度があり、それを補うのが酸化を防ぐ抗酸化作用のある食品を摂ることです。
抗酸化物質には、ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノール、カテキン、コエンザイムQ10などがあります。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です